日本中医学会

  • お問い合わせ
  • ご利用にあたって
  • 個人情報保護方針


学術総会のご案内


第7回学術総会 会頭挨拶・概要


会頭 篠原 昭二
(九州看護福祉大学看護福祉学部 鍼灸スポーツ学科)

  平成29年9月16日(土)、17日(日)の両日にわたって、標記学術総会が熊本県のくまもと森都心(しんとしん)プラザ(熊本駅から徒歩1分)において開催する予定です。
  これまでの6回は、いずれも東京(船堀タワーホーホール)での開催でしたが、今回初めての地方開催であり、これまでにもまして、多くの参加者のご来熊を期待しています。
  なお、大会テーマは、「日本における中医学の受容とその役割」とさせて頂きました。鍼灸の領域においては、国家試験制度が導入されてはや24回の国家試験を経験しました。このことは同時に、中医学理論導入の足跡でもあります。しかし、巷間で「中医鍼灸」を標榜する臨床家が増加していないのではないという報告もあります。すばらしい理論体系と歴史や実績を具有する中医学について、日本への導入、そしてどのように応用され、どんな貢献をしてきたのか等について討論できれば有り難いと考えています。   また、1日目の午前中は初学者のための中医学入門講座を企画しようと考えています。中医薬あるいは中医鍼灸について経験豊富な講師により、わかりやすく解説頂く予定です。
  中医学はけして難しいものでは無く、少し視点を変えれば、すばらしい学理と術、そしてその効果を有する医療であることをご理解頂けるものと確信しています。
  現在、多士済々の実行委員会のメンバーとともに、鋭意、企画会議を行い、本部の全面的なご支援を得て、有意義な学術総会の開催に向けて準備中です。企画が確定した段階でご紹介させて頂きますが、熊本での地方大会に是非ともご参加頂き、熊本の復興にご協力頂くとともに、活発な学術大会となるよう、ご支援・ご鞭撻を頂くことを心よりお願い申し上げます。


概要

[綜合テーマ]
日本における中医学の受容と役割
会  頭 篠原 昭二(九州看護福祉大学看護福祉学部 鍼灸スポーツ学科)
会  期 2017年   9月16日(土),17日(日)
※ 9月16日(土)に懇親会を行います。

会  場

くまもと森都心プラザ
(JR熊本駅白川口(東口)正面)
会場詳細はこちら

主な内容
(予定)
● 中医学の受容と役割に関する漢方・鍼灸のシンポジウム
● 穴位効能シンポジウム
● 中医学エビデンスシリーズ
● 招待講演
● 特別講演
● 実技講演
● 学生・初学者のための中医学入門講座
● 一般口演